上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.09.11 9/2 龍郷海岸
060902-06.jpg


7月の終わりだったか、8月の初めだったか、ヤマシタが倉崎海岸の真裏の海岸から本龍郷の職場の真ん前の海岸まで、泳いで渡ったことがありました。
「クマノミとか泳いでいたよ」など、泳ぎ終わったヤマシタの話を聞いて、一度泳いでみたいとお願いしていたのが、やっとこの日実現しました。



060902-01.jpg


泳ぎはじめてしばらくは砂地がずーっと続き、深いのか浅いのかよくわからん感じでしたが、岩場まで来ると↑こ~んな感じで、いままで泳いだどの海よりアヤビキ(方言:ストライプの魚)の大きいのがたくさん泳いでいたのが印象的でした。



060902-02.jpg


さらに泳いでいくと、真下に白いイソギンチャクを見つけました(写真矢印)。
ここからでは遠くてクマノミがいるのかいないのかよく見えませんが、ズーム最大、ひたすらパシパシ何枚も何枚も撮影。
家に帰ってチェックしてみたら……!



060902-03.jpg


写ってたぁ~。よかったぁ~~。
写真が暗い上に横のアングルがないので断定はできませんが、上に○○クマノミとつかない、フツーの”クマノミ”のようです。



060902-04.jpg


もう1ヶ所イソギンチャクを見つけたので、こちらもやたらめたらに撮影してみたら、少しだけ写っていたので掲載。
わたしのイチバン好きな、ピンクのクマノミ(ハナビラクマノミ)のようです。



060902-05.jpg


泳ぎはじめた海岸ほぼ真正面あたりは砂地時々岩場ですが、少し安木屋場方面に行くと岩とサンゴだらけで、地続きなのにがらりと表情が変わります。
倉崎と違って魚がやってきてくれる、怖がらずそばを泳いでくれることはありませんが、これはこれでなかなかおもしろかったです。


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。