上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
遅くなりましたが、加計呂麻へ行ったときのことを少しづつ、カンタンに書いていきたいと思います。


加計呂麻へ行くときは、朝5時おきの6時出発がいつもなのですが、今回はデイゴの花を見に行くこと(+釣り)だけが目的なので、いつもよりゆっくりめの朝9時過ぎに家を出ました。

約1時間後、古仁屋に到着。
フェリー乗り場にはam10:20発瀬相行きが着ていましたが、生間(いけんま)港のほうがデイゴ並木のある諸鈍に近いので待つことにしました。
といっても、次の生間行きまで1時間以上時間があります。
乗船券を買ったり、トイレに行ったり、釣り餌を買ったりしても、まだまだ時間がたくさんあります。
なので、海が見ることができて、かつ車を停めることができそうな漁港を探しながら、海沿いの道を走りました。




060525-03.jpg


しばらく走っていたら良さげな場所があったので、車を停め外に出てみました。



060525-04.jpg


海ばかり見ていたわたしでしたが、
「ね、あそこにヨダレカケ系の生き物がいるよ」
とヤマシタがいうので、彼が指差す、自分達がいるほぼ真下あたりを見てみたら、ヨダレカケ(断定)が日向ぼっこをしていました。



060525-05.jpg


引きの画像をば。
いまは潮が引いているけど、満ちてきたら彼らの大好きな、波飛沫がバチナチあたるような環境になるかも。
うん、納得。

実はこの場所、他所様んちの前だったりします (・・*)ゞ
海を眺めているうちに家の人が出てきたので、わたしたちは大慌てで車を発車させました。

そうこうしているうちに、1時間あっという間に立ってしまったので、フェリー乗り場に戻り乗船しました。



060525-06.jpg




(つづく)




関連記事



スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。