上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.05.03 4/30 帰宅後
夜7時まで猫と遊んで帰宅すると、出かけていたヤマシタが帰ってきていました(汗)
ヤマシタは職場の先輩だった、ごくごくたまにこのブログに登場するIさんと、笠利まで釣りに行っていたのです。
実はわたしも「潮干狩り担当」ということで、いっしょに行こうと誘われていたのですが、断っちゃいました。
「猫と漁港の組み合わせじゃないとイヤ」
なんていってね :-P デヘッ

奄美は四方八方を海に囲まれていて、漁港もいっぱいあるのに、猫写のおいしい組み合わせ、「漁港と猫」を見たことがありません。
いつも行く長浜も港がすぐそばにあるけれど、あれはどちらかというと「公園と猫」というカンジだし……
どなたか写真で見るような「漁港と猫」の風景、知りませんか?
あったら今度こっそりおしえてくださいな。


釣りに行った場所は以前行ったこの場所だそうで。
あのうら寂しい海岸に大勢の釣り人が集まり、その手前には車が17台も停まっていたとか!
で、肝心の釣果ですが、



060430-06.jpg


タカラガイと



060430-07.jpg


(もう腸を取って血抜きしてあるけど)4,5匹持ち帰ってきました。
けど、どの魚だったかな?1匹はIさんの釣った魚をいただいたそうです。


その日の夕食は早速、タカラガイを塩湯でしたものと、2枚目の写真イチバン上にのっている魚と、奥に写っている”ネバリ”という魚と、隠れて見えないけどもう1匹、計3匹を煮魚にして食べました。
タカラガイ、はじめて食べたけどおいしかったです。
食べるのに殻を割らなきゃいけないのがもったいない気がしたけど。


(おわり)





関連記事?



スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。