上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリは思いっきり私情を挟んで書いていきます(キッパリ)。






これが4/24午前中の漁港の様子。
黄砂がすごくて、遠くの景色のぼやけ方が激しかったです。
釣り場は防波堤の先端。
ここに行くまでが難儀で(わたしが)。
というのも、はじめは左手前の幅の細い防波堤の上を歩き、その途中で幅の広い防波堤に上らねばならないのですが、



060424-04.jpg


こんなですよ。防波堤の継ぎ目がおかしいんですよ。
地元の人は慣れているかもしれんが、少し高所恐怖症が入っているわたしには、細いほうの防波堤を歩いているだけですでにクラクラなのに、ここで恐怖倍増。
上るのも下りるのも、あるイミ拷問でしたよ。
けど、ここを越えないとトイレにも行けないのでがんばりましたよ。
誰かほめて?(笑)


漁港のそばにはゲートボール場らしき広場があり、その裏に前エントリと別の、小さな海岸がもう1つあります。
そこの草むらにテントウムシがたくさん見つけました。
途端、わたしの心の中はお祭状態ウッホホーイヽ(゚д゚)ノ
(いまのわたしは「春のテントウムシ祭」期間中なので/笑)



060424-06.jpg


ニジュウヤホシテントウ。



060424-07.jpg


本来の斑紋のダンダラテントウ。



060424-08.jpg


(斑紋がにじんでいるけど)ナナホシテントウ。


この3種類を多く見かけました。
それにしても、この中でイチバン怖いのは、ニジュウヤホシテントウ。
いつかあの草むらも、葉脈を残して葉を食べつくされる。
あの破壊力は半端じゃありませんからね(苦笑)


あまり戻らないと心配されるので、またあの防波堤をえっちらおっちら戻りました。
その途中、防波堤の縁に小鳥(ツバメ?)が4,5羽とまっているのが見えました。
まだ十分遠かったのに、不用意に近付いたら一斉に逃げ出してしまったのですが、どこの世界にもニブイのがいるもので。



060424-05.jpg


しばらく遠くから撮影していたのですが、遠いのか小さすぎるのか、なかなかピントが合わなくて。
もう少し近くで撮りたいなと数歩近付いたらさすがに気付かれ、2羽とも飛んでいってしまいました。
わたし、あなたたちを食べる気ないのに……
てゆーか、食べるとこないのに……って、ヾ(ーー )ォィ


と、ここまでが午前中のお話。
お昼を食べた後、ヤマシタはまたそのまま釣りをし、わたしは車に戻り午後はずーっと爆睡していました(笑/だって、朝5時起きだったんだもの)


(おわり)




関連記事



スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。