上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奄美アイランドから市内へ帰るときは左折しなければならないのですが、まだまだ日は高く明るいので右折して住用村の奥へ奥へと進みました。
道なりにずんずかずんずか行ったらば、避難勧告の看板発見。

え…?

ふとそばにあるバス停を見ると「戸玉」と書いてあります。


……ああ!あの「戸玉集落」か!
(くわしくはこちらをどうぞ。自然豊かでのんびりした奄美ばかりではないんですよ)
知らなかった……
偶然とはいえ、例の亀裂の入った山見ちゃったよぉ。コワイよぉ。


と、いうことでUターンして市内に戻ることに……


の、ハズだったのですが、また寄り道(笑)
ヤマシタの母方の祖母のおウチとお墓を見に行きました。
見に行っただけでほぼ素通りしちゃいました。
ご先祖様ごめんなさい。恨むならヤマシタを恨んでください。


で、今度こそ、のハズが……
帰り道の途中の、城(ぐすく)トンネルと小和瀬トンネルの間に海岸があるというので見に行くことになりました。
バイクをとめて、アダンとアダンの間の狭い道をくぐりぬけると……


040805-12.jpg


こーんなにキレイな海が!
てゆーか、奄美にも伊豆や江ノ島で見るような灰色の砂浜があるんですねぇ。
むしろそっちのほうがびっくりだったりして(笑)
本日は先客がいたようで、素足の小さな足跡と素足の大きな足跡が残っていました。
その先客が残していったと思われる、



040805-13.jpg


”砂に書いたラブレター”ならぬ”ア○パ○マ○”発見。


砂浜にはヤドカリの足跡が残っていたので、ヤドカリ探しをはじめました。
だけどなかなか見つかりません。
それでも足元の砂を見ながら探していると、尋常じゃないスピードで何かが駆け抜けていきました。



040805-14.jpg


カニです。白くて小さなカニです。
砂浜を一気に駆け抜けては立ち止まり、人間が近づくとまた逃げていく。
まるで、節足動物界のロボロフスキーハムスターだのぅ。ふぉっふぉっふぉ。


結局ヤドカリは見つからず、いい時間帯になってきたので、あきらめて今度こそまっすぐ帰ることにしました。
ウチに着いたのは夕方6時頃。
たった4時間の外出でも疲れてしまって、ふたりして3時間ばかり爆睡してしまいました。


本日の〆。
とりあえず起きたものの、まだ眠気と疲れがとれないわたしにむかって、「夕飯作って~」というヤマシタが心底恨めしかったです。
もう何ヶ月外食してないだろう。
たまには食べ歩きがしたいよぉ……

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。