上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公園に着いたばかりで、ネコさんを見つけて撮影していたら、

「ハクセキレイを撮っているんですか?」

メガネをかけた男性の方が話しかけてきました。

「…?ハクセキレイ?いるんですか?」

鳥がいたことなんて全然気付かなかった ノ(´д`*)
てゆーか、”ハクセキレイって何?”状態で、頭の周りで”?”増殖中(笑)

「ほら、あそこに」
「ん??」

男性が指差して教えてくれても、全然見つけきれないテイタラク。
やがて、自分の同類ではないことに気付くと、はずかしそうに

「どうもすみませんでした」

と去っていきました。
いやいや、あやまるのはわたしのほうです。
わたしも司条史緒さんほどではないが、興味のないものは目に映らない体質(?)なもので。
ホント、ごめんなさい(_ _(--;(_ _(--; ペコペコ


司条史緒さんがわからない人は、↓これを読んでみよう!

笑う大天使(ミカエル)(第1巻)笑う大天使(ミカエル)(第1巻)







笑う大天使(ミカエル)(第2巻)笑う大天使(ミカエル)(第2巻)



男性が去ったあと、ハクセキレイがどんな鳥なのか見てみようと、指差してくれたほうへずかずか歩き出しました。
すると、一羽の小鳥が鳴きながら飛び去ってしまいました。

ああ!ハクセキレイってこれか!

今月初めに宇検方面へツーリングに行ったとき、山道の崖側から小鳥がひょっこり顔を出し、わたしたちのバイクに気付くと山のほうへ飛び去っていく、こんなことが数回ありました。
あの鳥はなんというのだろうと、あのときからずっと思っていたのです。
おかげで、すとんと腑に落ちました。

ありがとう、メガネの君! ←勝手にあだ名つけるなよ (--;



無駄に長い前置きに付き合ってくれてありがとう(笑)
公園には↓の2羽のハクセキレイがいました。
夫婦かしら?



051115-03.jpg


近づくと逃げるので、めっちゃくちゃ遠くから撮影したのですが、意外とキレイに写ってるもんですね~。
PCに取り込んで、はじめてまじまじと見ました(笑)



051115-04.jpg


こちらはもう1羽のハクセキレイ。
尾を上下にふりふりし(左右にぷりぷり、ではない)、足を交互に出してとことこ歩く姿がとてもかわいらしいです。



ハクセキレイ

スズメ目セキレイ科
北海道、本州で繁殖する留鳥。北海道では夏鳥。九州などでは冬鳥。
低地の海岸地方、河川、湖沼など水辺を中心に生息する。冬期は平地にも多数が現れる。



(つづく)




関連記事



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fujitamaya.blog44.fc2.com/tb.php/757-30303dcb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。