上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(↑画像をクリックすると大きめ画像付きページが開きます。ちゃんと読んでみたい方だけどうぞ)
駐車場から続いていたコンクリの道も一段落。パーク内の案内図と由来図の看板がありました。
……ふむふむふむ。サトウキビは最初からこの地方に生えていたわけではなかったのですね。
これを読むまで全然知りませんでした。想像するだけで涙が出てくる、壮絶な由来話ですね (ノ_・。)


またさらに数段階段を下りると、小さな池があり、水面が見えないくらい水草の葉で埋め尽くされ、こんなにかわいい花がさいていました。


うぉっ。一瞬本物の牛かと思った…( ;´ー`) フゥ
漆黒の身体にはたくさんの落書きがされていて、ちょっとかわいそう。
あ、そうそう。先に別館AnyRoadに公開した画像は、 この牛さんがいるあたりから見た風景なんですよ。


上の牛さんの後ろにあるのが、「サタ小屋」(黒砂糖を作るための小屋)です。
いまは鍵がかかっています。


元来た階段を登ったところに、いろんな品種のサトウキビが植えられていました。
うーむ……ビミョ~(笑)


最初の看板があるあたりに戻ったところ。
多分このソテツだらけの道をずっと行けば、下の岩だらけの海岸に辿り着けそうだけど……
この時点でだいたい夕方4時過ぎ、それにずいぶん長いこといたのに人っ子一人やってこないのが怖かったので帰ることにしました。
今度はヤマシタを無理やり連れて来てみよう。ヤツはこーゆーとこ、好きそうだし♪(笑)


(つづく)

 


 

関連記事

9/22 ひとりツーリング・ 1 大浜海浜公園
9/22 ひとりツーリング・ 2 磯平パーク(1)

 

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fujitamaya.blog44.fc2.com/tb.php/685-16232666
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。