上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モウセンゴケが自生しているところを見学しに行った後、

「潮干狩りがしたい」

とヤマシタがいい出しました。
潮が引いているのは知っていたけど、”へっ?潮干狩り??なにゆえ???” と思ったけど口には出さず、とりあえず山を降りて龍郷湾に戻りました。


そしたら、まあ!

 


見事に潮が引いて、つい数時間前まで海底だったところがむき出しになっているじゃないですか!!
手前の石が積んであるのは、潮が引いてあの内側に取り残された魚を捕まえる、むかしの漁の名残です。
現在は行っていません。

”海底だったところを歩くのって、おもしろそう!”

急に興味が出てきたので、浜に下りて散策することにしました。



早速ヤドカリさん発見。
手前にある巻貝2つにもヤドカリさん入居済み。
まさかとは思うけど……襲ってる?共食いしようとしてる??



今度はちっさいカニさん発見。
でもすぐ砂に潜って隠れてしまいました。



今度はシオマネキさん、発見。
日頃見られない生き物がいっぱいいて、なんだか楽しい~♪


歩いているうちに、石が積んであるそばまできてしまいました。
すると、



とっても浅い潮溜まりに、引き潮に取り残された小魚が、この潮溜まりのすぐ近くには、



こんなにたくさんの小魚が取り残されていました。
右上のほうにはふぐの子供もいます。
で、すぐそばでは



こんな現場が!



潮はまだ満ちる気配がないけど、むしろどんどん引いていっているけど、みんなガンバレ!


と無責任に応援だけしていると、ヤマシタのケータイに「そろそろ閉会式だから戻って来い」と連絡が入ったので、急いで戻ることにしました。


 

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fujitamaya.blog44.fc2.com/tb.php/581-33a9801b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。