上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、ほとんど単行本化されてる作品の再掲なので”んー…”とは思ったのですが、まるごと川原泉3号という雑誌を買ってしまいました。
「3号」ってことは「1号」「2号」があるってことで……バックナンバーほっすぃー!
それの最後のほうを読んでびっくり。

川原女史の代表作ともいうべき「笑う大天使」が映画化されるんですって!
(2006年全国公開)

えーっとぉー…


マジッスカ!?

いろんなイミでマジッスカ!?


このことを取り上げたブロガーさんたちは否定派が多いようですが、わたしはどちらかというと肯定派。
確かに「いまさら20年前の作品を映像化するのはどうか?」とは思いますが、わたしは素直にどこまであの川原ワールドを映像化できるのかを見てみたいのです。
きっと失望するに違いないことだけは予言できますが(笑)
なんてゆーの?コワイもの見たさってゆーの?そんなカンジ。


ただ問題は、奄美大島で上映するかどうか、むしろしないんじゃないか、てゆーか「何それ?誰それ?」とかいわれそうでコワイ(爆)




コミック版だと全3巻、文庫版だと全2巻です。ちなみに上のリンクは文庫版。


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。