上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あまりに何も釣れないので、先程の浜から車で5分か10分くらいのところにある桟橋まで移動しました。
わたしは例のごとくひまなので、そのへんをぶらぶらしたり、



040516-12.jpg


この写真右下のへりに腰掛けて……



040516-13.jpg


広角でこんな写真を撮ったり、



040516-14.jpg


ズーム目いっぱい使ってこんな写真撮ったり、



040516-15.jpg


こんな写真を撮ったりしてました。


040516-16.jpg


先輩の釣り仲間もあとから合流(イチバン手前の人)。
この方、結構コンスタントに大きな魚(といっても15~20cmくらい?)を釣ってました。
しゅぎょいなぁ~。

あ、そうそう。古仁屋で買ったお弁当、ここで食べたんですよ。



040516-17.jpg


撒き餌につられて浮上したふぐ。
野生を忘れてんじゃないの?的泳ぎ方がプリティで、網ですくってウチに持って帰りたくなりました(笑)
でも持って帰らないよ~ん。海水魚は飼うとなったら淡水魚よりも維持がたいへんなんだから。



040516-18.jpg


今度は上4枚の写真と反対側の風景も撮ってみる。



040516-19.jpg


釣り師にはよいところかもしれないが、こうコンクリばかりじゃあたしが遊べなくてつまらん。と思うようになってきたです。
嗚呼、カニとガンの飛ばし合いしたひ(笑)


うろうろするのに飽きてヤマシタのところへ行くと、

「さっき魚がガンガン釣れたんだよ。ホラ!」

とうれしそうにクーラーボックスをあけて見せてくれました。
パッと見4,5匹入ってそう。が、どれも「もうちょっと成長を待てばいいのに」と思うものばかり。

「で、この中でキミは何匹釣ったんだい?」

とヤマシタに問いかけたら黙っちゃいました。
アレ?あたし、なんかいけないこといっちゃった?



040516-20.jpg


何回も撒き餌をするうちに、ふぐが3匹まで増えてきました。
都会の公園のハトみたいだね☆
コイツら、なんか見ててなごむよ~。


気がつけば夕方の5時。そろそろ帰ることにしました。
魚はその場でカンタンに捌いてから持ち帰るのがフツーらしいです。
釣りのベテランである先輩がやってくださったのですが、小さすぎてえっらくやりづらそうでした。


釣れた魚のあまりの小ささに見かねて、あとから合流した方が「持って帰んなよ」と自分の魚を全部渡してくれて、颯爽と去っていきました。
カックイイ~♪
じゃなくて、ありがとうございました<(_ _)>
その数分後、わたしたちも出発しました。


帰りはわたし、とっても眠くて。
でも運転している人がいる手前、寝ちゃいけないとがんばったのに……
気付いたら寝てました。道中の記憶、まったくありません(笑)
こゆとき、本能と生理現象に逆らわない生活しているとダメダメですねぇ。


ところで、いただいた魚・釣った魚、すべてウチが引き取りました。
ホントは今日料理してすぐ食べるのがイチバンうまいのはわかってるのですが、眠いので(あれだけ寝てまだ眠いのかよ)即冷凍庫行きになりました。
1週間以内に唐揚げにして食いますっ!
ただ…料理してもヤマシタ的感覚の許容範囲を超えているので、食べない予感ひしひし(笑)


(つづく)




関連記事


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。