上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤマシタの元職場の先輩に誘われて、ヤマシタとふたりドライブをごいっしょさせていただきました。
国道58号線をひたすら南下、瀬戸内町を目指すようです。


その前に、住用のたこやき屋さんに立ち寄ってたこやきをTakeout……の、ハズが、メニューの中に明石焼きがあるのを発見したわたし。
つい

「一度明石焼き食べてみたかったんだよね」

とつぶやいてしまったことから、お店で食べることに(明石焼きの出汁はTakeoutできないから)。あうぅぅ(..*)
たこやきも明石焼きもまあまあでした。
表面も中もとろっとろ系で、道頓堀の大たこ系ってカンジ?
ただ、たこやきも明石焼きも本体はいっしょで、ソースとマヨネーズで食べるか、出汁をつけて食べるか、だけの違い。
明石焼きって「たまごやき」と関西の人いってなかったっけ?
ま、いいや。


食べ終わったあともひたすら南下。瀬戸内町古仁屋に到着。
山道の激しいカーブで身体を揺れたので、めずらしくきぼぢわるくて辛かったです。
が、そんなことはおくびにも出さないまゆみさんは、なんて奥ゆかしいのでしょう。と自画自賛(笑)
この町でお弁当を買って、また移動。陸軍弾薬庫跡へ見学に行きました。


陸軍弾薬庫跡地は瀬戸内町手安(てあん)にあります。跡地すぐとなりには教習所があるんですが、通っている人がだれもいなさげでさびしーーぃ(笑)



040516-01.jpg


看板と入り口。



040516-02.jpg


入り口真正面。中に入るとひんやり気持ちいい。
いつ天井からしずくがたれるかわからず、コンクリートの床がべしょべしょでデンジャー。
実際わたしも一滴ぶち当たりました。カメラに当たらなくてよかったわぁ。



040516-03.jpg


山をくりぬいた中にそのまま保管したら湿気で弾薬が使えなくなるので、コンクリで新たに建物を作りそこに弾薬が保管していたらしいです。



040516-04.jpg


も1つの弾薬庫へ行く通路。怖くて行けなかったです。


けど、この跡地のホントにスゴイところは、


見学するときは自分たちで電気をつけたり消したりしなければならないことだ!

とわたしは思うのですが、どうッスカ?


(つづく)

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。