上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004.03.02 腕枕に注意!
我が家の習慣で、寝るときはいつもBGM(バックグラウンドムービー)をつけます。
だいたいヤマシタが先に落ちて、わたしは電源を落とすため&毎日見てるのにオチが気になるため(笑)、最後まで見てしまいます。
たとえどんなに眠くても。
終わって、さあ寝ようと思ったらなかなか寝付けなくて、右へ左へ寝返りをうつ、そんな毎日です。


今日の深夜もそうでした。
そんなとき、眠っているヤマシタが、無意識に腕枕をしようと腕を回してきました。

”そんなにくっついて寝たいのかよ。仕方ねぇな( ̄ー ̄)フッ”

彼の腕に頭を乗せると、ぎゅっとへ引き寄せられ…





しっ、しむ(死ぬ)ーーー!!!(心の叫び)


ヤツの腕がわたしの首を圧迫します。無意識なので力加減を知りません。
+ヤツの胸にわたしの鼻が押し付けられ息もできません。
このままでは首の骨が圧し折られるか、窒息するか、どっちにしろお先真っ暗です。

あたしゃまだ死にたくない!
例え死んだとしても、


そんなマヌケな死に方したくなーーい!!



腕をはずすのは無理そうなので、徐々に徐々に下へさがっていって、やっと抜け出すことができました。
おかげで余計眠れなくなりましたとさヽ( ´ー)ノ

■追記■

翌日、当然↑のことを話しました。

「死ぬかと思ったんだからねo(`ω´*)oプンスカ」
「えー、オレ、全然知らない」
(そうじゃなくて、あやまれ!ピシッ! (*ー"ー)ノ☆)゚ロ゚)ノ グハッ!!)


それからまた数日後、どんな話の流れかわすれましたが、

「人生最後のことばってなんになるかな?」

ヤマシタが話をふってきました。
わたしは当然、

「ギヴ、ギヴ O=(_ _;; バタリ」

といい、チクチク攻撃したことはいうまでもありません(笑)

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。