上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夕日を見た場所からの移動途中、安木屋場トンネルを抜けてすぐくらいの、湾を挟んだ向こうの山の上には、空にまだ赤みが残っていたけれど、見事な満月がぽっかり浮いていました。
落ち着いて車を停めていられる場所を探しながら走っていたら、



070630-09.jpg


撮影場所はボタンを押すと三沢あけみの「し~まむ~すめよ~♪」っていう…タイトルなんだったっけ?…歌が流れる石碑のところ、になりました。
普段三脚を持ち歩かないので…つーか、あるけど安物のせいか脚の長さが3本ともバラバラで、ちっとも役に立たないので持ち歩かなくなった、が正しいのだが…イイカンジで柵のある場所の近くに車が停まってくれて助かったんだぜ。



070630-10.jpg


まだ東から昇ったばかりで赤みの残るお月さま。



070630-11.jpg


月が高くなり、周りの闇も濃くなってきました。

ちょうどこれを撮影していた頃、1台の車が石碑の前に停まり、人が降りてきた気配がしました。
かまわず撮影に没頭していたら、突然背後から大音量で石碑から歌が…!!
そしてその車は、そのまま走り去っていきました……って、コラ待て
歌が流れている最中わたしが歩いて車に戻るところに、窓を開けて走っている車が通りかかったら、これは滅多にないだろうけど、集落の人が歩いて通りかかったら、あたしがこんな時間にボタンを押したみたく思われるじゃないか!!!
結構いい時間帯だったし、おなかすいたし、マジでそろそろ車に戻ろうと思ってたのにぃ…はずかしくて戻るに戻れないじゃないか……(ノ_・。)


結局戻ったけどさ(笑)



070630-12.jpg


それはともかく、まぶしくて直視できない月、というものをひさしぶりに堪能しました。
ファミレスでごはん食べてからウチの駐車場に戻ると、住宅街の真ん中で街灯がなく、いつもなら周りは真っ暗でひとりで歩くのがためらわれるくらいなのに、月明かりで影ができていたんですよ!!


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fujitamaya.blog44.fc2.com/tb.php/1147-761debcc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。