上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「そんな体力、あんの?」

わたしの言葉は的中しました。


長浜海岸へ行くには、長浜港に車を停めて徒歩で行かねばなりません。

あ、車でも行けるっぽいのですが、長浜港の公園の猫が目当てのわたしにとっては、海岸へ行くことはあくまで「ついで」なので、どの道をどうやって行ったらいいのかわっかりませ~~ん(笑)

ルートは、浄水センターの中を突っ切って行く方法、同センター海側の防波堤の内側を歩いていく方法、2種類あります。
前者は基本まっすぐなので、体力も気力もそんなに使いませんが、後者は周りがコンクリな上に少々遠回りちっくなので、海岸に行くまでの、または公園に戻るまでの道のりが遠く感じ、体力も気力も消耗するのであまり好きではありません。

なのでわたしは、浄水センターを突っ切っていくルートへ連れて行こうとしたのですが、彼は海側のルートを目ざとく見つけ、「こっちがいい」と歩き出してしまいました。
しかも安全な防波堤に守られた道ではなく、防波堤の上を海を見ながら歩く方法をとりやがりました
(自分の身を守る柵等がない)高いところはニガテだと、あたしゃいままで散々いっていたにもかかわらず付き合わされるし……(ノ_・。)
おかげで歩いててクラクラするわ、なんか疲労感が出るわで。
ヤマシタも(クラクラはしていないでしょうが)疲れてきたのはいっしょみたいで、もう少し歩けば海岸だというところで「疲れた」といって、防波堤の上に腰を下ろしてしまいました。



070624-05.jpg

(腰を下ろしたところから見た長浜海岸)



070624-06.jpg

(腰を下ろしたところから見た立神)


結局腰を下ろした場所から海を眺めただけで、砂浜の上に降りもせずに帰りました。
ルートはもちろん、浄水センターを突っ切るほう、ね。
わたしとしては砂浜を歩いたりとか、注意深く見ないとわからない、チビチビのオカヤドカリをいっしょに探したりとか、もうちょっとデートっぽいことしたかったにゃ~。くすん (ノ_・。)



車に戻って時間を見たら、受付開始時刻が近かったので病院に向かいました。
診察に行くたび毎度毎度採血検査を受けるのですが、ついにハッキリと貧血といわれてしまいました (・・*)ゞ
いままで徐々に徐々に数値が下がってはいたのですが、今回から一気にガクッときちゃって。
お医者さんや看護士さんたちに「フラフラしませんか」って心配されちったぃ(゚ー゚;A
エコーのあと、注射して、お薬をもらって帰ってきました。

あれからお薬はもちろん飲んでいますが、もっともっと鉄分を補給するために、ホウレンソウとハンダマが手放せない毎日です。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fujitamaya.blog44.fc2.com/tb.php/1142-8a44bd1c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。