上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「一旦ウチ帰ってもいいんじゃね?」
「いいや」

病院は午後から、神社でお参りしたのはかろうじて午前中で、診察まで時間があるので、車の中で↑こんな会話が何回と繰り返されましたが、ハンドルを握っているのはヤマシタなので結局押し切られ、



070624-01.jpg


大熊の展望台まで来ちゃいました。
このとき人っ子一人いなかったので、喜び勇んでガジュマルの木に登ろうとしたら、



070624-02.jpg


↑でした…… (_ _。)
いつになったらまた登れるようになりますか?>市役所さん



登れないことをいつまでも悔やんでいても仕方ありません。



070624-03.jpg




070624-04.jpg


ガジュマルに登れなくても眺めは十分に美しいです。
人がいないのをいいことに、景色を見ながら、時には草むらや近くの松の木のそばを高速で飛び回るカナブンを見ながら(笑)、とりとめのない話を何十分もしました。

そのときにわたしは、向こうに見える長浜海岸(4枚目の写真、イチバン市街地側の小さな海岸)の話もしました。

「いつだか、クーラーボックスと釣竿をかかえたオッチャンが、岩をよじよじして向こうの海岸に行くのを見たよ。かっこよかったでぇ」

という、ただそれだけの話なのですが、

「あ、なんか急に行きたくなってきた…!」

なぜかヤマシタの興味を引いたらしく(彼は長浜海岸に一度も行ったことがない)、診察までまだ時間はたっぷりあるので、行ってみることになりました。


というわけで、6/24の話題、あと1回引っ張ります(笑)
なお、「あ、なんか急に行きたくなってきた…!」といったヤマシタに対するわたしの反応は↓こちら。


「そんな体力、あんの?」


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fujitamaya.blog44.fc2.com/tb.php/1141-eaf5dff1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。