上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かなり間が空いてしまいましたが、「3/21 笠利某所にて・1」のつづきです。



070321-05.jpg


海岸に出ました。
中潮とは思えない、潮の引きっぷりです。
遠くにはすでに貝採りをしている人の姿がありました。



070321-06.jpg


わたしが立ち止まっては写真を撮っているので、ヤマシタは先に行くよといって釣りのポイントに向かいました。
わたしはわたしでマイペースで後を追いました。
そうしてどのくらい歩いたかな。



070321-07.jpg


やっとヤマシタに追いつきました。
彼はもうすでに釣りをはじめていました。



ヤマシタが釣りをしている赤茶色い岩が広がるここは、死んだ脳みそサンゴの上。
地がぼこぼこしている上に、海藻が生えているので、歩きにくい歩きにくい。
やっとそばに行くと、「貝採り、よろしく」と針はずしを手渡されました。



070321-08.jpg


貝採りって実はこれがはじめてだったりします。
最初のうちは目を凝らしてもなかなか見つかりませんでしたが、コツがわかるとほいほい採れるようになりました。
この↑でっかいタカラガイもその中のひとつ。
あまりのでかさに(6,7cmはあったかな)、一応採ってヤマシタに見せはしたものの、どうにも持って帰る気になれずに放置してきました(笑)
そうしたら触角を出して移動をはじめ、サンゴの溝に入っていったのですが、溝よりも貝が大きいので入りきれず、けど本貝はすっかり埋まったつもりになってじっとしているので、ついついふたりで爆笑してしまいました。



070321-09.jpg


あれから数時間、潮がだんだん満ちてきて、サンゴの亀裂に入りこんだ波が、ぶっしーーーっと大きな音を立てて吹き上がる様に恐怖を感じはじめたので帰ることにしました。
わたしたちが帰ろうと歩きはじめたときには、まだ貝採りをしている人の姿がありましたが、砂浜に着いた頃にはすっかりいなくなり、車を置いてある場所に戻ったときには、ほかの車はきれーーいに無くなっていました。
みんな帰るの早いのなー。つか、わたしたちがあまりに遠いところにいたからか。


ちなみにヤマシタの本日の釣果は……
ベラ×3、ネバリだかカサゴだか×1、でした。
だけど、サイズが小さかったのですべてリリース、持ち帰りませんでした。
「まゆみさんは確実に食べれるものをgetしたのに、オレは……orz」
とヘコんでいましたが、
「ここのところ0とか、トラギス1匹とか、そんなのばっかりだったことに比べたら全然爆釣じゃん。つか採集方法違うんだから気にするな」
となぐさめて(?)おきました(笑)



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fujitamaya.blog44.fc2.com/tb.php/1100-ae929d7b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。