上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
060920-18.jpg


ヤマシタが仕事をしている間、そのへんをぶらぶら歩いたり、海を見たりして時間をつぶしました。



060920-19.jpg


上2枚の写真は庭の木に巻きつく、ヘクソカズラ。



スポンサーサイト
060920-12.jpg


お昼ご飯の後は釣りに変更。今回は竜郷町円漁港に向かいました。
なんでも職場の方から、ここで大きなエラブチが釣れるよと、情報をいただいたようです。



2006.09.26 9/20 昼食
着替えた後はお昼を食べに車を走らせました。
最初はひさ倉(鶏飯の有名なお店)にしようか、などといっていたのですが……



060920-06.jpg


カレッタハウス(ホテル)にしちゃいました♪
ここで食べるのははじめてです。
注文したのは「豚飯(とんはん)」。
イベリコ豚(だったっけ?)入りごはんをお茶碗によそり、



060920-07.jpg


その上に具をのせ、熱いお出汁をかけて食します。
とってもうまうまでございました。
機会があったらまた食べたいと、今度出かけたときにヤマシタにごねておこうと思う(笑)
お値段はもずく酢つきで¥1050。ごちそうさまでした<(_ _)>



2006.09.25 9/20 倉崎海岸
060920-01.jpg


この前がこんなカンジだったので、リベンジにやってきました。



060920-02.jpg


あれから2日たっているので、波がまったくないわけではありませんが、随分おだやかになりましたし、水もまだ若干冷たいけれど少しぬくまってきたので、よっしゃー!と泳ぎだしました。



060918-01.jpg


台風が去ったばかり、うねりがあると天気予報はいっているというのに、どうしても泳ぎたいとヤマシタに倉崎まで連れて行かれました。
わたしたちが到着したときは泳いでいる人がふたりいたので、ヤマシタはミョ~に勇気付けられました。
けどその前に車の中でごはんを食べ(ちょうど到着したのがお昼時だったので)、さあ泳ごうかとなったら、そのふたり組はいなくなっていました。
ごはんを食べている最中も、食べたあとも、わたしたちのほかに車で倉崎にやってくる人はたくさんいましたが、皆海をしばらく眺めて帰っていきます。
「ねぇ、やめといたほうがいいんでない?」とわたし。
「とりあえず泳ぐねん!」とめげずに気張るヤマシタ。
しかし……


「わっ、水冷たいよ。人間が泳ぐ温度じゃない」
↑足ひれとマスクを持って水の中に一歩足を入れたときのわたしのセリフ。
同じように水の中に足を入れたヤマシタ、ここでやっと悟り、泳ぐのを諦めてくれました。


……おせぇーよ。



060903-06.jpg


「やあやあ、はじめて見る顔だね。ボクがここを案内してあげるよ」

といったかわかりませんが、しばらくこの魚につきまとわれました(笑)



060903-07.jpg


行く先々で



060903-08.jpg


こんなふうに(笑)



virtual trip 奄美 -黒潮の森-(トールサイズリニューアル)
virtual trip 奄美 -黒潮の森-(トールサイズリニューアル)バーチャル・トリップ

ポニーキャニオン 2004-04-21
売り上げランキング : 43507


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


我が家には'00に発売された、リニューアル前の↑DVDがあります。
それには屋鈍は島で一番美しいサンゴの海と紹介されていました。
けど現在の姿は上2枚の写真のように、”かつてサンゴだったもの”がほとんど。
DVDと同じ光景をこの目で見たかったな……

泳ぎはじめてすぐイソギンチャクとクマノミを発見したわたしたち。
それからしばらくはイソギンチャクを見つけるたびに、クマノミがいようがいまいがとりあえずシャッターをたくさん押しときました(笑)
「ここにはクマノミが2種類いるね」
「そだね」
とあのときはいっていましたが、家に帰ってPCに取り込んでみると……



060903-03.jpg
【ハマクマノミ】



060903-04.jpg
【クマノミ】



060903-05.jpg
【ハナビラクマノミ】

の、3種類が写っていました。
ん~、かわいいねぇ。


060903-01.jpg


「一度キチンと南のほうで泳いでみたい」
とヤマシタがいうので、宇検村屋鈍海岸へやってきました。
この日の海は穏やかで、



060903-02.jpg


水もほら、こんなにきれい!
(波打ち際に座って足ひれをつけているときに撮影)


では、いってきます♪


060902-13.jpg


突然ですが、画像真ん中に浮いている雲、何に見えますか?



060902-14.jpg


何に見えますか?



わたしにはタコまたはアフリカマイマイに見えます。
どうにも発想が軟体動物から離れてくれません orz


海水浴のあとは釣り、がヤマシタのパターン。
ヤマシタが釣りに夢中になっている間、わたしは徒歩でとぼとぼ安木屋場まで夕日を見に行くことにしました。



060902-07.jpg


海を見ながら、虫の観察をしながら、草はむはむヤギを観察しながらトボトボ歩くこと約30分。
安木屋場トンネルをぬけると……



2006.09.11 9/2 龍郷海岸
060902-06.jpg


7月の終わりだったか、8月の初めだったか、ヤマシタが倉崎海岸の真裏の海岸から本龍郷の職場の真ん前の海岸まで、泳いで渡ったことがありました。
「クマノミとか泳いでいたよ」など、泳ぎ終わったヤマシタの話を聞いて、一度泳いでみたいとお願いしていたのが、やっとこの日実現しました。



2006.09.07 8/25 倉崎海岸
060825-01.jpg


しばらくいろんな海岸に浮気していましたが、ひさしぶりに今年イチバン通いつめた倉崎に帰ってきました。



060825-02.jpg


海に入ると早速魚たちが「おかえり!」と出迎えてくれました。
うれしいなぁ。



……うん、わかってる。違うことくらいわかってる。
メシをたかりにきたことくらいわかってるよ。
いいじゃんかよぉ。夢くらい見さしてくでよぉ(;つД`)



というわけで、以下(比較的まともな)魚たちの写真、大放出。
枚数多いですよ。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。