上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
滝へ下りていく階段横の斜面には、



060329-23.jpg


このようにコケやシダの若葉が、赤土が見えないほどびっしり生えています。
これを見て美を感じたらしいヤマシタが、どうしても気になるというので、撮影会に突入いたしました(笑)



スポンサーサイト
大和村名音の山道を走り、マテリヤの滝に到着したわたしたち。
「滝を真上から見てみない?」
ヤマシタがいうので、駐車場に車を停めると、いま来た道をゆっくり橋の上まで歩いて戻りました。



060329-19.jpg


多分これが真上から見たマテリヤの滝。



060329-18.jpg


滝の反対側にある川。


しばらく橋の上からこれらの景色を休憩がてら眺めた後、引き返して滝へ下りる階段を下りていきました。



船越(ふのし)海岸を出発、名瀬に戻ることにしたわたしたちでしたが、少し寄り道することにしました。
大和村名音に滝があると、以前職場の先輩だった方がヤマシタに教えたことがあるらしく、それを見に行こうということになったのです。
名音の集落に入ったところで山道に入り、しばらく車を走らせると……






魚がまったく釣れなかったので、トイレ休憩しに船越(ふのし)海岸にやってきました。



060329-09.jpg


風が強いので波が大きく激しいです。



そうそう。
次の場所へ向かう前に、港で見つけた花を紹介します。



3/29 朝起きて窓の外を見ると、曇り空でまだ前日から吹き荒れていた風が残っているようで、街路樹のヤシが頭フリフリツイスト&シャウトしていました。
ネットで天気予報をチェックすると、風はこの後弱くなるとのことだったので、ヤマシタとふたり釣りに行くことになりました。
って、わたしはやりませんが(笑)


最初は市内知名瀬漁港へ向かいました。
が!外に出てみると寒い寒い。
それに誰も釣りをしている人がいないので、すっかり怖気づき、もう少し風が弱いところでやろうと言い出し、地図とにらめっこ。
結果、宇検まで行くことになりました。



060329-01.jpg


で、到着しました、宇検村枝手久水産前の港です。


2006.03.29 3/28 春の嵐
ふと窓から外を見ると、とてもぽかぽか暖かそう。
わたしは今日も外出することにしました。
バイクに乗って向かうは長浜海岸。
もう一度オカヤドカリを探してみたくなったのです。
けど、外に出てから後悔しました。
風が強い!
風のせいなのか、道路工事のせいなのか、ずっとのどがガラガラして不快でした。
バイクを長浜の公園に停めて、いつものように徒歩で海岸に向かいました。
が、海に近付くにつれて風がだんだん強くなってきます。
それに従って、顔に風に飛ばされた潮や砂がだんだん強くあたってきます。
それでもやっとこさ到着しました。






到着した途端、いままでにない風の強さに圧倒されっぱなし。
顔にあたる砂粒の勢いは、海岸への道を歩いているときの比ではない!!
オカヤドカリを探すのはあきらめ、写真を数枚撮って引き換えしました。


家に帰ってすぐシャワーを浴びました。
頭をかけば海の砂が出てくるわ出てくるわ。
服を脱げばあんなところからも海の砂が出てくるわ出てくるわ(笑)

午前中は雲っていたのに、時間がたつにつれだんだん明るく暖かくなってきた、名瀬の空。
ベランダに出てみるととても気持ちがよくて。
ついでに、前々から気になっていたものを、ちとパチリと撮ってみました。






元奄美交通営業所跡地に建設されている、これです。
重機が動いているところをぼーっと見るのも結構好きなのです、わたし。
ぼーっとしているうちに、近くで見たいなと思いはじめたわたしは、カメラを持って建設現場まで行ってきました。



060327-02.jpg


といっても、これが精一杯でした。
あまり近くで撮影するとジャマになるし、ね。
ここに何が建つのかしら?
マンション?ホテル?

2006.03.19 3/18 長浜海岸
060318-01.jpg


ヤマシタとふたりでまた来ちゃいましたよ、長浜に。
この場所が別に嫌いというわけではないけれど、ワンパターンすぎて泣けてくるってゆーか……

この日はせっかく外出したけれど、いまにも雨が降り出しそうな天気。
とりあえず、雨が降る前に海の写真を撮ろうと、長浜海岸へ徒歩で向かいました。


3/10シリーズ、最後は電柱へ行く道で出会った、かわいい植物の写真を掲載したいと思います。
ちなみに、同時に動物系にも出会いましたが、嫌がる人もいるかと思い別ブログにて先に更新しました。
もし節足動物系・両生類が平気でしたら、

http://nature.6.dtiblog.com/blog-entry-87.html
http://nature.6.dtiblog.com/blog-entry-88.html
http://nature.6.dtiblog.com/blog-entry-95.html

をご覧になってみてください。


おにぎりを食べ終わったので先程の場所を出発しました。
そのとき、ヤマシタがとってもイヤ~ンな予感のする発言しました。
「この先に電柱へ行く道があってね、きれいに刈り込まれてたから行ってみたいんだよね」


というわけで、ヤマシタのいうその場所に到着したのですが…
ありえない角度の坂道に、道をふさぐ倒木。
やったー、これでこの先に進まなくていいぞ♪とよろこんでいたら
「歩いていこう」
だって・゚・(つД`)・゚・



060310-03.jpg


電柱への道入口からしばらく歩いたところ。
ここは平坦な道だけど、急にありえない角度のアップダウンが現れるので、油断してはいけない。



060310-04.jpg


目的地の電柱。
真下から見上げると、めちゃめちゃデカイ。


(つづく)

長浜海岸からまた徒歩でてくてくと、長浜緑地公園に置き去りにした(笑)ヤマシタのところへ戻りました。
このあとふたりでどこに行こうか話し合い、
「もう一度あそこに行ってもいい?」
とヤマシタがいうので、コンビニでおにぎりなどを買ってから、2/15に行った”あそこ”(多分このへん)に向かいました。
ただし今回は前回と違い、浦上からではなく、山田団地から上りました。
前日に雨が降ったせいでしょうか、それとも元からだったのでしょうか。
道のコンディション、かなり最悪でした (> ̄  ̄<) ゲッソリ



060310-02.jpg

(クリックすると別窓で開きます)


山に登る前までは青空が見えていたのに、目的地に到着してみると曇り空に変わっていました。
残念。
わたしたちはこの景色を見ながらおにぎりをほおばりました。


(つづく)

3/10 この日もとってもよい天気で、お休みだったヤマシタに「天気がいいからどっか行こう」といわれ、なぜかまた長浜にやってきました(笑)
まあ、確かにこういう日こそ、猫がゴロゴロ落ちているものですが……(--;
だけど今回はちょっと違うのです。
先日空と海の物語のtokorinさんが、長浜の港の先にある海岸に行ってきたというエントリを読んだばかり。
こんな情報を聞かされては行ってみないわけにはいかないじゃないですか。
というわけで、例のごとくヤマシタを置き去りに、ひとりてくてく徒歩で長浜海岸へ向かいました。


最初は浄水場の防波堤の内側の道を行ったのですが、途中にショベルカーがあり、工事のジャマをしてはいけないと引き返しました。
ほかに道がないかと探したところ、浄水場の脇、山側にも道があったので、そこをひたすらてくてく歩いて行きました。
この道の選択は正解だったです。
いろんな生き物にに出会えたから(いろんなもの1、ほかいろいろ)、徒歩でも苦にならなかったです。
そうして数分後…



060310-01.jpg


到着しました。
小さいけれどきれいな海岸です。
なにより立神がこんなに近くで見ることができることにカンゲキ♪
我を忘れて写真を撮りまくってしまいました。
そうしたら、いつのまにか釣り人が後ろからやってきていて、わたしを追い抜いていくと、写真左側に見える岩だらけのところをよじ登っていきました。
う~ん、カッコイイ…


(つづく)

ばしゃ山を出発した後は、どこにも寄り道せずに、まっすぐ名瀬に戻りました。
義母を家に送り届けた後、無性に”今日も夕日がきれいかもしんない”と思いはじめたわたしは、ひとり家に帰ってからバイクでまた大浜に行くつもりでした。
が、
「オレも行く~」
ヤマシタがうっさいので、そのまま車で大浜に向かいました。


大浜に着くと、ヤマシタは海が見える場所に車を停め、中に残りました。
わたしは当然、また小浜へ向かいました。
すっかり大浜よりもハマッてしまったようです。



060305-06.jpg


前日3/4と同じく奥へ進んだものの、あのときと違い日が沈む時間が迫っていたので、あまり冒険はできませんでした。
だけど、おかげであのときよりきれいな夕日を見ることができました。
結局このあと、水平線に黒く厚い雲があらわれて、海に沈むところは見られませんでしたが。



060305-07.jpg


大浜へ戻るとき、ウェットスーツを着込み、木の箱を肩から提げたおじさんとすれ違いました。
この時間から何を獲るのだろう?
小浜の奥へ行くおじさんの後姿が、なんともかっこよかったです。


駐車場に戻ると、ヤマシタってば寝てました(笑)
ずっと運転していたから仕方ないですけどね。


(おわり)

お墓参りの後、国道を北上してみなとやで遅い昼食をとりました。
その後太平洋側へ出て南下、はしゃ山の駐車場で休憩しました。



060305-05.jpg


義母もヤマシタも車の中でのんびりしていましたが、わたしはカメラを持って外に出てパシパシ写真を撮っていました。
こんなに天気がいいのに、写真を撮らないなんてもったいないって!


(つづく)

3/5 義母を誘って、ヤマシタ父方のお墓参りに行ってきました。
古くなった花を捨てて花瓶を洗おうとしたら、内側にナメクジがいて、義母に泣きついて取ってもらったりとかヾ(ーー )ォィ
花瓶を洗っていたら洗い終わったもう1本の花瓶を倒して割っちゃって、ヤマシタに新しいのを買いに行かせたりだとか←(゚Д゚ )ゴルァ!!
いろいろやらかしてしまいましたよ。
なんだか化けの皮がはがれかけている、今日この頃(笑)


お墓の掃除とお参りが終わったので、断ってすぐ目の前の海を見に行きました。



060305-01.jpg


いってきまーすっ!


普段のわたしは、名瀬のアーケードの中を通ることは滅多にありません。
本当に美容院か映画を見に行くときくらい、年に数回程度(笑)
ウチから歩いて10分くらいのところなのにね(苦笑)
ちょうど髪を切りに行った日は、アーケードの改修のお祝いイベントが終わった翌日だったので、髪を切った後、じっくり見学がてら写真を撮ってみることにしました。


昨日3ヶ月ぶりに髪を切りに行きました。
担当の美容師さんに
「あまり短く切っちゃうと、○○さん(本名の苗字のほう)来なくなっちゃうから、あまり切らないでおこうかな(笑)」
なんていわれちゃいましたよ(笑)
行きつけの美容院はガラス張りになっていて、外の様子がまるわかり。
中学の制服を着たコがやけに多い日でした。
「あ、今日卒業式だからだ!」
謎は解けたとばかりに、美容師さんが少し大きな声でいいました。

「あ、そうなんですか。こっちは早いですね」
「え、そうですか?」
「わたしのところは、小中が25日頃で、高校が10日でしたよ」
「へぇ~、じゃ、早いんですね。こっちは小学校が○○日で(←わすれちゃった f(^^;)、中学が今日で、高校は1日ですよ」
「うわっ、早っ!」

しばらく卒業式談義に花を咲かせました。


髪を切り終わって夕方、夕ごはんを作ろうと台所に立ちはじめた頃、ケータイが鳴りました。
ヤマシタからでした。
”今日職場の方の卒業祝いがあるから、まゆみさんもいっしょに行かないか”というものでした。
自分は関係ないから行かないといったのですが、「行っといたほうがいいよ~」と脅迫されたので(笑)、一度家に戻ったヤマシタといっしょに車で出かけました。
同じ職場のほかの方たちと合流して、皆でいっしょに2軒回ってきました。
どのお家もごちそうとお酒をたくさん用意して、来た人皆にふるまい、とても忙しく大変そうでした(奥さん&お手伝いの人だけが/笑)。
この様子を見て、

”「島の子育て」ってたいへんだな。
こんな思いするんだったら、いまのままでいいや”


と思ったわたしは親不孝者です。本当にスイマセンでした<(_ _)>


この春中学を卒業される・された皆様、おめでとうございます。
学校の場所が変わる・勉強の難易度がちょいあがるだけで、あとはいままでとたいして変わらない日々がまたはじまるだけですが、世の中そんなものなのでテキトーにがんばってください。

060304-12.jpg


太陽が分厚い雲の中にすっかり隠れてしまい、大浜へ戻る遊歩道を歩いていると、目の前に鳥が羽ばたいてびっくりしてしまいました。
その鳥は海に浮かぶ岩にとまったので、よく見てみると、



060304-13.jpg


イソシギでした。
遠くから何枚か撮影したのですが、もう少し近くから撮れないかと近付いたら逃げられてしまいました。


060304-08.jpg


本当はもっともっと奥まで行ってみたかったのですが、あまり行き過ぎると今度は夕日を見逃してしまうかもしれないので戻ってきました。
そして、写真右側にある岩へ渡る道を歩いてみることにしました。







海沿いの遊歩道をてくてく歩いて、小浜に到着。
風がないせいか、引き潮のせいか、波もなく穏やかです。
波打ち際に行ってみると、水底の砂が天然の枯山水になっていました。
美しい。


3/4 この日はとても暖かく気持ちのよい日でした。
今日も案外きれいな夕日が見られるかもと思い立ち、ひとりで大浜まで行ってきました。






まずは展望広場からの眺めを。
雲がかかっていたにもかかわらず、遠くに横当島・上ノ根島が見えました。
中央付近に写っているのだけど、わかるかしら?



060304-02.jpg


これが、拡大図。
左と中央が横当島、少し離れて右に上ノ根島です。


日はまだ高く、日が沈むまでまだたくさん時間があります。



060304-03.jpg


大浜の端、海沿いの遊歩道を歩いて小浜へ向かいました。


(つづく)

最後にあやまるで見つけた春の花を。
なお、一部違うものが混じっていますが、大目に見てください(笑)


060303-07.jpg


あやまる岬に来ました。
ソテツジャングルのそばの駐車場に車を停めると、メジロが美しい声で出迎えてくれました。


060303-06.jpg


龍郷湾で遊んだあと、同じく竜郷町は赤尾木にあるおいしいパン屋さん、「まんまる」に急いで向かいました。
平日の真昼間のせいかほかのお客さんはなく、おいしそうな菓子パンはまだたくさんあったし、しかもちょうど食パンが焼きあがったばかりの頃に到着できたのでとてもラッキーでした♪v(*'-^*)ゞ^;*・'゚☆
買ったパンは次に遊びに行った場所で全部食べちゃいました(ほとんどヤマシタが)。
なので写真に撮っていません。ごめんなさい。
どのパンもやわらかくておいしかったですが、食パンがやはりイチバンおいしかったです。
外は固く、中はふわふわのもちもちで、絶品です!


(つづく)

この日ヤマシタはお休みだったので、例によってふたりで出かけてきました。
でもその前に、ヤマシタが職場の消耗品を買って届けなければいけないというのでそれに付き合い、買い物をしてヤマシタ職場へ向かいました。
その途中、竜郷町久場のあたりかな?
昨年の龍郷祭の合間に遊びに行った、あの場所を通るわけですが、



060303-01.jpg


あのときのように、見事に潮が引いています。
ただ、季節の違いかな。
石垣の内側のぬかるみが多いところが、あのときとは少し違うみたい。
ヤマシタ職場へ買ったものを届けた帰りに立ち寄ることにしました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。