上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.01.30 青い鳥
今日はヤマシタの仕事がお休みで、その上風が強かったけどぽかぽか陽気だったので、

「猫見に行こう」

車で長浜(名瀬港長浜緑地公園)に行くことになりました。
ヤマシタは↑こういいますが、長浜に来ても車から一歩も外に出ることはありません。
見に行くのは、いつもわたしひとりです。

たまには、猫の後頭部をかりかりしているときの、猫のとろけ顔を撮るのを手伝ってほしいんだけどなぁ…

で、最近は猫を撮る前に、防波堤に上って立神を見るのが習慣になっています。
今日も例に漏れず、立神を眺めようと防波堤に上ったら……!



060130-01.jpg


テトラポットの上に、こんなにきれいな青い鳥がとまっているではありませんか!!

去年の年末近くだったかしら?
はじめて防波堤に上ったとき、目の前をすーっと飛んでいく、小さな青い鳥を見たのです。
最初は”ルリカケスか?!”と思ったのですが、生息環境が違うし、色合いも全然違います。
”なんていう鳥だろう?いつかもう一度会えないかな”
ずっとずっと思っていたのです。

まさか今日再び出会えるなんて思ってもいませんでした。
うれしっ♪

スポンサーサイト
大熊へ出る山道を走っていると、



060129-12.jpg


白い花を咲かせている桜の木に出会いました。



060129-13.jpg


バックが曇り空なので、あまり白が映えないのが残念ですが、これはこれで情緒があっていいですね。


(おわり)

060129-10.jpg


前日にも立ち寄りましたが、このときもついつい立ち寄ってしまいました。
芦花部~秋名間の桜並木です。



060129-11.jpg


雨は桜の天敵だけど、雨の雫と桜はよく合いますね。


(つづく)

ヤマシタ職場を出発して、安木屋場方面に向かって走っていると、安木屋場トンネル手前、海側の山の斜面に



060129-06.jpg


さっきよりもたくさんのヤギが群れていました。
ここ、ヤギポイントなのかしら?前にもここで目撃したことがあるのです。
あ。だけど、そのときのことは、こちらでは更新していないかも。
別館「AnyRoad」でのみ更新しているので、よかったら参考に見てみてくださいませ♪


龍郷湾を撮り終わり、原付を停めている場所まで戻る途中に見つけました。



060129-04.jpg


リュウキュウコスミレ。
奥の同じ株から生えている、花が散ったスミレの花のところに、シジミチョウかな?がとまっていました。
この写真の右上にぼやけてちらっと写っているのがそうです。



060129-05.jpg


ヤマシタの職場の敷地内に放置してある、かつて焼却炉の煙突だったものと浮き(?)。
カエルみたいでかわいいなと思って。


(つづく)

先のエントリの通り、今朝ヤマシタといっしょに竜郷までいっしょに出勤しました。
だけど、だんだんだんだん昨日の行動を後悔しはじめました。
だって、雨降ってるんだもの~。
パン屋さん、行けない~~~(ノ_・、)
名瀬を出て途中まではパラパラ・ザンザカでも、本竜郷に到着したら雨はやんでいました。
といっても、いつ天候が変わるかわかりません。
けどせっかくだから、少しノンビリめに帰りたい。
ので、国道ではなく、東シナ海側の道を通って帰ることにしました。


とその前に、せっかくだから朝の龍郷湾を撮影しようと、海へ下りる階段へ歩いている途中、


ヤマシタの職場へ行く前に、ちょっとだけ寄り道しました。



060128-08.jpg


「あいかな」というお店です。
車に乗せてもらうからには、何か差し入れしないとね~(笑)
&も1つ、お目当てのモノがほしかったのです。
それは…


2006.01.28 1/28 桜めぐり
今日はひさしぶりの、雲ひとつない、穏やかないいお天気でした。
なので、ひさしぶりに原付ツーリングをすることにしました。
目的地は奄美自然観察の森。
寄り道をしながら、東シナ海側を通っていくことにしました。


2006.01.26 1/25 本茶峠
この日、あまり天気はよくなかったけれど、ヤマシタが「桜を見に行こうよ」というので、ふたりで出かけました。
出かけたはいいけれど、奄美で”桜”といったら、本茶峠奄美自然観察の森(長雲峠)しか思いつかない、発想が貧困なわたしたち(^^;
1週間前に行ったけどまあいっかと、まず本茶峠に向かいました。






というわけで、本茶峠に到着。
1週間前と違う場所に車を停めたかったのですが、先客がいたのでやむなくまた同じ場所に停めて桜見物をしました。



060125-02.jpg


バックミラーに映る桜もきれいです。


このとき、茶色の、とても小さな小さな鳥が、桜の花を食べていたのか、蜜を吸っていたのかしていたのですが、わたしの腕とデジカメの性能では何度チャレンジしても写せませんでした (ノ_・、)

060125-07.jpg


本茶峠を出て、ヘンな山道を通って自然観察の森に到着しました。
到着前の車の中でヤマシタが、自然観察の森があるらしき山のてっぺんにある建物を指差し、

「今回はドラゴントリデを目指そうと思う」

といいました。
ヤマシタにしてはめずらしく、山を歩こうなんて前向きな発想なので、ちょいびっくり(笑)


本茶峠からある場所に向かったのですが、結局行き着くことができず、笠利町東シナ海沿いの58号線を、竜郷町方面に向かって走っていました。

「あ、そうだ。今日こそあのパン屋さんに行ってみよう」
「そだね。そうしよう」

もう1年近くたつのかしら?
あるブログで、竜郷と笠利の境の坂の手前の、細い分かれ道を行ったところに、おいしいパン屋さんがあるというエントリを読んで以来、一度行ってみたいとヤマシタにせがんでいたのです。

……実は本茶を出たとき、すでにエブ○ワンでパンやおにぎりを買った後だったんですけどね(笑)

買う気マンマンで、やっとこさパン屋さんの駐車場まで辿り着いたのですが……





「完売しました」


と、看板が出ていました orz


2006.01.19 1/18 本茶峠
060118-01.jpg


奄美はいま緋寒桜の季節です。
昨日ある場所へ行くついでに、本茶峠に寄って少しお花見をしてきました。
開花具合は木によってまちまちでしたが、色の濃いもの・薄いもの、木によって個性があって見ていて楽しかったです。

青久からの帰り道、「どこか景色のいい場所で寝たい」とヤマシタがいうので、休める場所を探しながら走っていました。
やがてマングローブの森が右手に見えてきた頃、イイカンジのスペースが見えてきたので、そこに車を止め休憩しました。
ヤマシタはシートを倒してごろんと横になりましたが、わたしはトイレに行きたかったので、歩いてマングローブパークまで行ってきました。


住用村青久への道は「まさに秘境」と、ヤマシタは職場の方々から聞いていたのですが、トビラ島を過ぎてしばらくは、細くてうねうねながらちゃんと舗装されているので、「楽勝じゃん」などといっていました。
しかし、甘かった……


青久集落へ行く道に入ったとたん、アスファルトが途切れ砂利道に変わり、絶対1回のハンドル操作では曲がりきれないカーブのご挨拶。
それからは、水溜りがあちこちにあるわ、車体が一瞬斜めになるような道があるわ、道の状態があまりによろしくありません。
さすがのわたしも、胃袋の中味がシェイキング。
あとで聞いたら、運転していたヤマシタでさえも、うぷっとなっていたらしいです。


そんなヤバイ山道が終わり、やっと状態のよい山道に出たら、集落の入口らしきところに門が。
「開けたら閉めてください」と書いてあったので、自分で開けて入ってよいのだとは思いますが、ここでヤマシタの気持ちがぷっつり切れてしまったようです。
来た道を引き返すことになりました。
後にヤマシタが職場でこのときのことを話したらしいのですが、あの門は人の出入りを制限するものではなく、単に牛の脱走防止用らしいです。

「じゃ、今度こそ中に入ってみる?」
「…もういい」

というわけで、秘境っぷりをご覧ください。


2006.01.15 1/14 トビラ島
060114-05.jpg
(クリックすると別ウインドウで大きく表示されます)


国道をマングローブパークの先で左折、ひたすらまっすぐまっすぐ行くと、トビラ島(写真左側)が見えてきます。
右側に見えるのは市集落です。


青久はまだまだ先です。


(つづく)

先日東京に住んでいた頃にヤマシタが買った、でも本人はすっかりわすれていたDVDを発掘しました。



virtual trip 奄美 -黒潮の森-(トールサイズリニューアル)virtual trip 奄美 -黒潮の森-(トールサイズリニューアル)

ポニーキャニオン 2004-04-21
売り上げランキング : 48,951

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ジャケットの写真がむかしと違うけど、↑これです。
これに”篠穂の滝”という、海に落ちる滝の映像が収録されています。
それを見た途端、「行きたい!(車で)」というヤマシタ。
そして、「車じゃ無理だよ。船でないと行けないから」と、とめるわたし。
職場の人にも話したのでしょうね。
そこでも「船でないと行けない」と諭されて、ようやくあきらめたようです。

てゆーか、なんであたしの話を聞かないのよ!
キーーーッ!!!


だけど、その滝のある方面に行ってみたい気持ちは止められないようです。
1/14、”篠穂の滝”がある、住用村青久へ行くことになってしまいました。


2006.01.11 1/10 屋入峠
名も知らぬ海岸を出て屋入峠に向かいました。
実は'04年10月末か11月初めの頃、原付で1回行ったことがあります。
あのときは養護学校のところを曲がって、砂利道を涙が出そうになりながら走ったものですが、今回は車。
養護学校からの道が狭いので、今回は大島紬村の向かいの道から上りました。

屋入峠にはイチバンのビューポイントがあります。
そこに向かって走っていたのですが、せっかく到着したのにすでに先客がいました。
仕方がないのでそのまま進んで家に帰ろうということになったのですが、砂利道が終わり舗装された道に出たとたん、



060110-11.jpg


これですよヽ( ´ー)ノ ヘッ
仕方がないので車を隅のほうに停め、しばらくここで休憩することにしました。

休憩中、向こうの道から乗用車がやってきたのですが(多分目的はわたしたちと同じだったと思われる)、すごすごUターンして行きました。
かわいそうに(;つД`)


奄美パークを出たわたしたちは屋入峠に行こうということになったのですが、その車内で

「むかし一度だけ行ったことがある海岸があるから行ってみよう」

ということになりました。
途中で左折し、砂利道を迷いながら行くと、目的の海岸の入口に来ました。
けど、門がついていて扉が閉まって鍵がかかっています。
わたしたちは門の横をすり抜けるようにして入り、海岸に向かってずんずん進みました。


060110-01.jpg


「喜界島出身のカメラマンの写真の展示があるんだって」

ヤマシタが情報提供してくれたので、ふたりで奄美パークまで行ってきました。


到着してまず写真左の建物(奄美の郷)でチケットを買っていると、受付の方が「もうすぐ映画がはじまります」というので、中の展示をさーっと見て映画館に入りました。
平日だったせいか、映画館の中はわたしたちふたりきりの貸し切り状態。
20~30分ほどの短い上映時間でしたが、美しい映像にぐいぐい引き込まれました。
特に、最初と最後に出てくるおじいさん、カッコイイ!

「オレもあんなふうになりてぇー!」

とヤマシタはいってましたが、

「無理。まず、そのおなかをひっこめろ」

と、自分のことを棚にあげてつっこんでおきました(笑)


映画上映が終わったあと、目的の写真展を見に行きました。
福永代士時写真展~路~」、田中一村記念美術館(写真右の建物)にて1月22日まで開催、入場無料です。
中に入ると、はじめて見るステキな写真、むかし見たことのあるポスターたちが、壁一面にたくさん展示されていました。
ふたりでツボったのは、LUMINEのポスター(石像Ver.)。
見た瞬間、野口さん笑いしてしまいました ノ(´д`*)
展示場に細長いテーブルがあり、そこにアルバムが3冊置いてありますので、壁に展示されている以外の作品も見ることができます。
とてもよかったですよ~。


写真展の見学の後は、そのまま一村美術館に入場・見学、ショップでケータイストラップを買って外に出ました。


060107-01.jpg


先月DTIブログさんのキャンペーンに当選した旨書きましたが、今日実物が届きました。ヤッタッ☆
EMSで、ですよ~。国際郵便ですよ~。
国際郵便なんて、生まれてはじめて受け取りましたよ、あたしゃ。



060107-02.jpg


これが実物。少しいじったあとに撮影したので、手垢まで写ってしまっています(苦笑)
驚いたことに4GBが届きました。
きっと2GBが届くものだと思っていたので、とってもうれしい♪
で、いま手持ちのCDをガンガン転送しているところです。
まだ1GBもいきませんね。
前は「使い道がない」などとほざいていましたが、旅行のときだけではなく、猫写のお供にも持って行こうっと♪V(○⌒∇⌒○) ルンルン

【全国一律送料525円】【お取り寄せ】アップル iPod nano 4GB black【全国一律送料525円】【お取り寄せ】アップル iPod nano 4GB white


2006.01.06 12/9 帰り道
051209-21.jpg


帰り道、渋滞に巻き込まれた車内から。
空がきれいだな、と思ってちょっと撮ってみただけなのに、ヤマシタに「ひどいな~」といわれてしまいました。
なんで~?(;つД`)


(おわり)

自然観察の森を出発したあと、ヤマシタがまた例によって、

「どっか景色のいいところで本を読みたい。
で、ついでにちょっと寝たい」


というので、今井崎灯台へ行くことになりました。



051209-14.jpg


ヤマシタは宣言通り、特別なことがない限り、帰るまで車にこもりきりでしたが、わたしは風が吹いて寒いというのに、ほとんど外に出っ放しでした(笑)


自然観察の森には、ヤッコソウのほかにもいろいろな花が咲いていました。



051209-10.jpg


ツワブキはもちろん、


到着後、適当に森の中を散策しましたが、ヤッコソウは一向に見つかりませんでした。
管理しているらしきおじさんにやっと出会えて、ヤッコソウの場所を聞いてやっと見つけることができました。


「1ヶ月たって記憶があやふやだけど、なんとか更新してみるよ」シリーズ第3弾。
せんだってのあやまるシリーズより長くなるかも、です。




12/9、ヤマシタがお休みで、例によって「どっか行こ~」と言い出しました。
その前の12月初旬のいつだか、TVのニュースで”長雲峠にある奄美自然観察の森でヤッコソウが見頃を迎えている”と報じていました。
それを聞いてから、絶対ヤッコソウを見に行ってみたいと、かねがね思っていました。
なので、渡りに船とばかりに「自然観察の森行きたい!」とねだり、了承してくれましたv(*'-^*)ゞ


051207-02.jpg


駐車場まで戻ってきました。
あの展望台まで行こうと思ったけれど、人が大勢いたのでどうしようかと思っていました。
上らずにその辺をうろうろしていると、丘の向かって左側に、先程の海岸と反対側にある海岸へ下りる階段が見えたので、行ってみることにしました。


051207-05.jpg


奥へ奥へずんずん進むと、この岩山にぶつかりました。
ここから先には行けないみたいです。
ご覧の通り、草木が茂っています。
その一部を拡大してみると……


「1ヶ月たって記憶があやふやだけど、なんとか更新してみるよ」シリーズ第2弾。
今回はちと長くなるかも、です。




車を運転できるようになってうれしいのか、休みのたびに天気が悪くても良くてもお構いなしに、「景色のいいとこ行って、昼寝しよう」と言い出すようになりました。

……正直少しウザイと思うことも……(笑)

で、この日12/7は、この前は南に行ったから、今度は北へ行こうと、あやまる岬へ行くことになりました。


もう1ヶ月経過してしまいましたが、11月の鹿児島旅行を書いていたせいで、のびのびになっていたことを、これから書いていきます。




納車翌々日の12/4が、本当の意味での我が家の初ドライブになります。

……アレはカウントに入れない方向で(笑)

目的地は、ヤドリ浜です。


義母を送り届けた後、例によって「どっかいこう」とヤマシタがいい出しました。
「どっか」などといいながら、「とにかく戸口がいい!」と、すでに目的地が決まっているようなので、仕方なく黙ってついていきました。


ぐるぐる道を通って、崎原の展望台をすっ飛ばし、やがて崎原漁港の前に来たら少しだけ釣りをし(ヤマシタだけ)、鞭打ちになるんじゃないかと思うほど、ガゴンガゴンと砂利道をゆられながら、竜郷町戸口のどこか見晴らしのよい場所に到着。
車を停めて休憩しました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。